RECOMMEND
ソルファ
ソルファ (JUGEMレビュー »)
後藤正文
完成度の高い、アジカン2枚目のアルバム。泣ける!とにかく泣ける!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
おもしろおかしな女王ワールドへようこそ♪

QUEEN’S ROOM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
私の中で何かが変わっていく

以前、朝のニュースで、「男女別にしてもらいたいもの」っていうテーマでそこまで?というものまで別にして欲しいとアンケート結果にあって、
「そんなに男が嫌いか!」
と、小倉さんが叫んでいた事があった。


ふと気付くと、男性に嫌悪感を抱いている事がある。
知っている人はともかく、知らない不特定多数の男性。


続きを読む >>
| 思った事 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
離れない
酔っ払いで〜す(笑)


あるビデオを見てて思ったんだけど。
やっぱ、何だかんだ言っても、好きな人は好きさ!!!!

相手に嫌いだって言われようが思われようがなんだろうが、
結局おめーからはなれねーぞ!!!
おいっ!!!!


ってか、おめーらからはぜってー離れねー。

拒絶されない限り、離れねー。

ホントに嫌だったら、拒絶してくれて結構。
そんときはそんときで考える。

…ってか凹む。けど仕方ない。って思う。
と、思う。

であーちっきしょー!!!!!!!!!!!!!!
酔っ払いだからしらねー。

言いたいことも言えねーで、なんだってんだ。
呆れてもなんでも、言ってくれよ。
どーでもよければ関わらなくていいよ。
ほっといていいよ。話さなくていいよ。
嫌いなら嫌いで言ってくれていいよ。


もーう、これが自分だ!!!!
否定するならしやがれこんちくしょー!!!!!!!!!!!!





すまん、この発言の責任とれねーかも(笑)
(打ち間違い多すぎて打ち直し大杉(笑))
| 思った事 | 03:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
凹んでる時に凹むものを見て、さらに凹む。

そっかー、そうだったのかー。と、勝手に納得。

何で言ってくれなかったのかと思いつつも、結局自分が悪い。
反省。

一言も三言も多い自分の発言で、どれだけの人が気分を害しているんだろう。
あぁ、「私は貝になりたい」というセリフが、
今になってようやく理解できた気がする。

続きを読む >>
| 思った事 | 20:37 | comments(1) | trackbacks(0) |
ネガティブ
面接に行って帰ってきて凹む。
行ってみたら集団面接でまいった。
初めてだったので、すっげー緊張してしどろもどろになった。
面接官とだけの方がどれだけ楽か…
周りに知らない人がいる中で、自分のPRというのがうまくできなかった。
質問事項も相手に誤解されたかもしれない。


で、夜になって凹み具合はかな〜りやばい勢いに加速している。

少し考えてみて、3、6、9月が凹み度がピークかな?
と思って昔の日記をひっくり返してみるとそうでもなく、
今年に入ってからはずーっと凹む事が多く、「自分、やばくね?」とも思う。
暗い。すげー暗い。うざい。


続きを読む >>
| 思った事 | 03:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
あーもーなんか
うざってー!!めんどくせー!!!


1人って楽だな。
でも寂しいな。
だけど人と関わると色々面倒だな。
時々どうでもよくなる。

で、あたしはどうしたいのかというと、よくわかんねー。


どーせ人間なんて何をどーあがいたって所詮は独りで、
思ってたってそんなん報われなくて、
相手は自分が思ってるほど大して思ってなくてどーでもよくて、
それを求めるから辛くなって。


すっげーばからしくなる。
| 思った事 | 18:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
夏、無限。
彼らの夏フェスに密着した、ドキュメンタリーフォトブック。
こんなんいらねーだろとか思ってたくせに、買ってしまった。
ちなみに、「ライセンス」(CDをパソコンに入れないと観れない期間限定サイト用CD)まで買ったアホぶり。
そこまで惚れこんでんだ。仕方あるまい。


読んでいくにつれて、彼らの素顔が覗けておもしろい。
メンバー間でなんてことない会話で笑いこけたり、
ゲームに夢中になっていたり、酔っ払っておかしな様子になっていたり。
そういうところをフィーチャーすれば、自分らとなんら変わりないくだらなさ加減だったりする。

でも、その中にいない人にとってしてみれば、そのくだらなさを観ていたり、話を聞いたり、読む事がおもしろかったりする。「くっだらねーなー(笑)」って思いながら、知らずにニコニコしてしまう自分がいるのだ。

続きを読む >>
| 思った事 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |