RECOMMEND
ソルファ
ソルファ (JUGEMレビュー »)
後藤正文
完成度の高い、アジカン2枚目のアルバム。泣ける!とにかく泣ける!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
おもしろおかしな女王ワールドへようこそ♪

QUEEN’S ROOM

<< 泣きそうになるから | main | あんたに褒められなくていいし。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
きっと本人が思う自分と他人が思う自分は違う。
昨日はやっと明日休みとあって、課長と飲みに行く。
Hも誘ったが、断られた。
いつも奴は連れない。

うちらはタメなので、わりとぶっちゃけ話をする。

皆が思う課長は、仕事ができて面倒見が良いというか、面倒見が良すぎて損してるタイプ。どんなフォローもしてくれる。
私もそう思う。

と言う事を言ったら、本人はそういった自覚はまったくなく、薄情なのだと言う。
上の立場になんてなりたくないと言う。
いっぱいいっぱいで溺れそうだと言う。
上司として自分はまったくなっていないと言う。
他社の部長と比べてなっていないと言う。

んなことねーのに。私にはできないと思うし。

だけど、上に立ちたくないという言葉にはうんうんと頷く。
だって面倒だもの。
そんくらいてめーでやれよっ!って思う事まで言われたりするし。


そして課長の言う私はと言うと、やはり面倒見が良く、文句言いながらもやってしまい、周りの雰囲気をよく読んでるよねということだったが、私的にはまったくそんなことはなく、人の事なんてどーでもよくて面倒なときなどはまったく人に気を使うようなことなどしない。


こんな話をしていたら、他人の目から見た自分と、自分が思う自分って結構違うもんだなぁと思った。



| 徒然な出来事 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://queenniya.jugem.cc/trackback/213
トラックバック